ジェットスターについて知ろ
ジェットスターは格安航空会社(LCC)の1つです。帰省や旅行、出張などさまざまな場面で利用できるでしょう。

ジェットスターの特徴

ジェットスターの特徴
日本国内、アジア太平洋地域の60都市以上に就航しています。多くの場面でJALやANAなど大手の航空会社と同じシステムを使っており、安心感も高めです。機内販売ではオリジナルキャラクターであるジェッ太が描かれたキーホルダーやポストカードなどの製品がたくさんあり、子供でも親しめることでしょう。

ジェットスターのメリット

他の格安航空会社よりもさらに優れたコストパフォーマンスがとても魅力です。「最低価格保証」というサービスを展開しており、他社のフライトでより安いものを見つけてコールセンターに連絡すると、値段が最安価のさらに10%オフになるものです。

また、「ラッキーフライデーセール」によって金曜日はチケットがさらにお得になります。他にも、不定期にそれらを超えるような格安のセールを行っています。例えば、台湾まで片道で990円といったものも行われていたようです。

関西にお住まいの方にとっては手間の面でもわずかなメリットがあります。関西国際空港では他のLCCが駅から4kmも離れた第2ターミナルから出発する一方で、ジェットスターは第1ターミナル発です。駅からそう歩く必要がないため、早朝の出発も楽ちんです。

ジェットスターのデメリット

LCC全般に言えることですが、座席指定や食事が有料になるといったサービスのスリム化がされている、シートが少し狭い、ディレイや欠航が多めなど、一般の航空会社に譲る面があることが通常です。

その中でもジェットスターは預かり手荷物の重量制限が厳し目です。どこのLCCも通常は10kg前後とされていますが、ここでは7kgまでとされています。行きは注意してクリアしていても、帰りにお土産を買いすぎてオーバーしてしまったという方が少なくありません。出発の際には制限よりもさらに余裕を持ち、計画的にショッピングするようにしましょう。

ジェットスターの注意点

機内のシートが狭めで、窓側の席だとお手洗いに立ちにくいでしょう。短い時間ならあまり苦痛には感じないものの、長距離のフライトや体調が優れない場合は通路側の席を指定するようにしましょう。

成田空港では出発がLCC専用の第3ターミナルとなり、駅から遠くなります。余裕を持ち、フライトの1時間前までに駅に到着するようにしましょう。この時、到着駅は終点の成田空港駅ではなく空港第2ビル駅である点も注意です。

ジェットスターはLCCの中でもさらに価格に優れているというメリットがあります。サービスがスリム化されているため、その点にさえ注意すれば快適な空の旅が送れるはずです。

ジェットスターの口コミ

ジェットスターの口コミ
LCCの評判を知るには、実際に利用した方々の意見を参考にすることが一番でしょう。以下はジェットスターを利用した方々の口コミをまとめたものです。インターネット上には良かった点も悪かった点も公開されているため、ぜひとも利用しましょう。

ジェットスターを利用して良かったという口コミ

全体的に価格の面で高い評価を得ているようです。通常の価格はもちろんのこと、「ラッキーフライデーセール」やその他セールに満足したという方が多いため、有効に利用すると良いでしょう。

ジェットスターを利用して悪かったという口コミ

「追加料金を取られた」「毛布や機内食がなかった」などのサービスの面での不満が目立ちます。コスト削減を第一にしているLCCではありがちで、一般的な航空会社と同じような待遇を期待してガッカリしてしまうことが多いようです。

ジェットスターを利用してまぁまぁ良かったという口コミ

いくつかの航空会社を利用しているユーザーにとっては、「一般的な航空会社よりはサービスで劣るが、LCCの中では比較的良い方だ」と感じる方が多いようです。

口コミ総合まとめ

ジェットスターはLCCである性質上、どうしてもサービスの面で劣る部分があるようです。しかし、それらに対する不満はあらかじめ調査しておくことでほとんどのものが防げるでしょう。

コストパフォーマンスの面では圧倒的に優れているため、財布に優しく旅をしたいという方ならオススメできるはずです。

チケット予約・購入流れ

チケット予約・購入流れ
あらかじめ航空券の買い方をマスターしておきましょう。初めてなら誰しもが戸惑うものですが、ジェットスターではより簡単に買えるためのシステムが整備されています。

チケットの購入方法は3種類

1)公式ホームページ
自宅で簡単にできて手数料も安いため、もっともオススメの方法です。出発地と目的地、日にち、人数など各種情報を打ち込むだけで希望のフライトが表示されます。日程と便を決めた後は、氏名や住所などの個人情報を入力して購入します。

2)コールセンター
丁寧に説明してもらいながら買えますが、支払い手数料の他に電話手数料もかかります。「公式ホームページでの予約が理解できなかった」「いろいろと相談しながら予約したい」などの理由がなければ、(1)や(3)を使うと良いでしょう。

3)コンビニ
ジェットスター特有の購入方法で、画面の指示に従って操作するだけで簡単に買えます。しかし、国内線と日本発の国際線に限るため、国外間のフライトは他の方法に頼る必要があります。

支払い方法は2種類あります

1)クレジットカード
使用できるカードは以下のとおりです。
 ・ビザ
 ・マスターカード
 ・アメリカン・エキスプレス
 ・ダイナースクラブ
 ・JCB
 ・UATP

とくにジェットスターが発行している専用のカードを使うと、支払い手数料がかからないためお得です。一部の便では使えないこともあるようですので、利用の前に公式ホームページをチェックするようにしましょう。

2)バウチャー
ジェットスターが発行しているもので、全額・一部の支払いに対応しています。期限までに使用しなかった場合は無効となってしまうため、持っていた際は使ってしまうと良いでしょう。

3)ウェルネット
コンビニやATM、ゆうちょ銀行、ネットバンキングなどを利用した決済です。購入金額が30万円以下で出発日までに5日以上の日数があることが条件になっています。

ジェットスターは公式ホームページや電話の他、コンビニでも(格安航空券のご予約は空旅.comでも)チケットが購入でき、利便性が高くなっています。支払い方法も充実しているため、初めての方でもあまり苦労せずに買えるはずです。

ジェットスター搭乗手続きの流れ

ジェットスター搭乗手続きの
初めて飛行機に乗る方にとっては、空港で何をすれば良いのかは未知のはず。しかし、機械で自動化されている部分もあり、あまり難しいものではありません。

国内線

1)チェックイン
手続きの方法は3種類あります。ウェブサイトを使う場合、自宅でできるため到着してから慌てることがありません。ただし、手続き終了時に表示される搭乗券をプリントしておく必要があるため忘れないようにしましょう。印刷物がない場合、空港で手続きしなおす必要があります。

自動チェックイン機を使う場合、カウンターの列に並ぶ必要がありません。ただし、マシーンが設置されている場所はある程度限られているようです。子供を連れている、10人以上の団体である、介助が必要など特別なケースではカウンターで行う必要があります。締め切り時間が決められているため、時間に余裕をもって手続きしましょう。

2)チェックイン後
受託手荷物がある方は受付で預け、時間になったら搭乗ゲートへ行きます。その後、バスとタラップを利用して機内に乗り込みます。

国際線

基本的な流れは国内線と同様ですが、各種手続きの締め切りがより早くなる傾向があります。時間により余裕を持って行動するようにしましょう。

ジェットスターを快適に乗るためのポイント

料金プランにはスタンダードの他、「ちゃっかりPlus」「しっかりPlus」といったものがあります。各種オプションが付加されており、4,000円ほど追加することでJALやANAなどの航空会社とあまり差がないサービスを受けられます。

LCCは定刻にフライトできる確率が多少低くなります。到着後のスケジュールに余裕を持つようにしましょう。また、帰りは手荷物の量に注意しましょう。7kgという預かり重量の制限をオーバーしてしまうかもしれません。

ジェットスターを利用する時は、チェックインの方法が3種類ありますが、それ以外に戸惑うことはないでしょう。安心安全に手続きを済ませるためには、とにかく時間に余裕をもつことがもっとも大切になるでしょう。

ジェットスターに関するQ&A

ジェットスターに関するQ&A
以下はジェットスターを初めて利用する方々のQ&Aをまとめたものです。疑問をしっかりと解消して、自信を持って空の旅に臨みましょう。

ジェットスター は搭乗券を印刷しなくても大丈夫?

JALやANAと同じくWEBチェックインサービスがあります。バーコードを印刷しなければならず、それがなければターミナルのカウンターで再度チェックインを行わなければなりません。

ジェットスターのキャンセル方法について教えてください

払い戻しはオプションが付加されたプラン「しっかりMAX」のみで、コールセンターに電話をして手続きする必要があります。公式ホームページでの申し込みはできないようです。「Starter」「ちゃっかりPlus」では適用されないため、便の変更も行わないならとくに手続きをする必要がないようです。

ジェットスターで無料座席指定は出来るの?

運賃タイプによって座席指定に料金がかかります。追加料金なしで全ての座席の中から自由に選ぶには「しっかりMAX」でなければなりません。「ちゃっかりPlus」ではスタンダードシートのみ無料で指定でき、その他は全て有料です。

エコノミークラスの場合はスタンダードシート、アップフロント・シート、エクストラ・レッグルーム・シートの中から選べ、ビジネスクラスの場合は無料で好みの席を選べます。

ジェットスターは揺れる?

一般的に、LCCで使われる飛行機はサイズが小さいため、風を始めとする環境の影響を受けやすく、その結果揺れやすいと言われています。「LCCだから運転技術が劣る」と勘違いされやすいですがそのようなことはありません。

ジェットスターを使えば格安で飛行機に乗れます。オプションサービスや手数料、手続きの方法などについてしっかりと予習して、リーズナブルにストレスフリーに空の旅を楽しみましょう。